愛媛のデザイナーかわちゃんの日常ブログ。デザイナー 時々 グルメレポーター

蕎麦の黒い点を蕎麦の好きな人たちは「ホシ」と呼ぶ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

これぞ蕎麦のチャームポイント!

麺の表面に見える「ホシ」の正体とは?

自家製粉・手打ちをうたっているような
蕎麦屋に行くと
淡い茶色を帯びた麺の表に
小さな黒い粒が
点々と散らばっている蕎麦が
提供されることがある。

この黒い点を、蕎麦の好きな人たちは

「ホシ」と呼ぶ。

夜空に瞬く星のように
小さく点在することから
こう呼ばれるのだろう。

蕎麦好きにとっては聞き慣れた言葉だが
「ホシ」とはいったい何なのか
どういう意味を持っているのかということは
あまり知られていない。

そこで今回は
この「ホシ」について、ちょっと解説!

ご想像のとおり
この黒い点は、蕎麦の“殻”である。
真っ黒なホシは
蕎麦の殻が細かく砕かれて
蕎麦粉に混ざったものです。

この蕎麦は
見た感じですが…

蕎麦の実の黒い殻をきれいにむき
「丸抜き」と呼ばれる状態にしてから
石臼にかけ
ほとんど捨てる部分を出さずに
挽いた粉で打つような
蕎麦の分類だと思う。

このホシは黒い殻ではなく
殻は石臼にかける前に
きれいに取り去ってある
丸抜きの実が枝につながる
付け根のところが褐変し
それが淡い茶色のホシとして
麺に散らばっているそうです。

めっちゃ調べたw

アクがなく
誰にも好かれる
優等生的な美味しさを備えた蕎麦って感じかな!

どこのそばやねん?

はい…
かわログでした〜!

語りましたが…
本日いただいた蕎麦は

【井上のそば屋】の天せいろです。

天せいろ(1,080円)
大盛り+190円


このボリュームで
この価格は安い!

天ぷらはその日によって
メニューが違って
いろんな天ぷらが楽しめます!

海老天は必ずありますよ!

昼から飲みたくなる
メニューがありましたが…

仕事があるので我慢…。

いつの日にか
昼から酒飲んでやろう!

フォアグラ大根気になる!

おでんや
いろんな変わった蕎麦もある

最近お気に入りのお蕎麦屋さん。

どこにあるかと言うと…

井上のそば屋

店名:井上のそば屋
住所:松山市保免中2丁目10-15
電話番号:089-989-9192
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:月曜日

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA